当サイトで使用しているWordPressテーマ「SWELL」>>

【レビュー】Another(アナザー)ってどんなアニメ?アニメライト勢の感想と評価

アナザーは前評判通りの怖さとグロさ…

先の展開が気になるミステリー要素と絡み合って、アニメ冒頭から引き込まれます…!

choiのアイコン画像choi

この手のジャンルを避けてきた人にも一度挑戦してみて欲しい。多分ホラー系アニメの基準にもなる作品です。

この記事の内容
  • Anotherってどんなアニメ?
  • Anotherの感想
  • Anotherの評判
目次

アニメ「Another」ってどんなアニメ?

another

ジャンル:サスペンス、ホラー
放送時期:2012年
話数:全12話
原作:綾辻行人
監督:水島努
アニメーション制作:P.A.WORKS

ざっくりこんなアニメ

26年前に起きた生徒の死をきっかけに、毎年のように起こる学校関係者の不可解な死。

原因を探っていく中で、浮かび上がるのがクラスに紛れ込んでいる「死者」の存在。

「死者」がいる限り死の連鎖が続く…

そのことを知った主人公たちが、「死者」が誰なのかを追求していくストーリー。

アニメ「Another」のキャスト

榊原恒一:阿部敦
見崎鳴:高森奈津美
敕使河原:前野智昭
赤沢泉美:米澤円
桜木ゆかり:野中藍
望月:山本和臣
怜子:榊原奈緒子
千曳辰治:平田広明

アニメ「Another」の感想

anotherの榊原恒一
  • 作風から漂うホラー感がすごい
  • 徐々に解き明かされるミステリー要素
  • 感情の変化が少ない
choiのアイコン画像choi

序盤から面白いし、全12話なので一気見しやすくてダレてくることもない。ただ、後半のやりすぎ感は否めない。

個人的評価:★★★

作風から漂うホラー感がすごい

ホラー映画さながらの効果音や演出、全貌がわからない1話から妙に引き込まれます。

序盤の数話を見て「面白くないな、違うの見よ」って思わせない掴みの上手さがまずスゴイ。

ちょっと夜に一人で見てたらトイレに行けなくなりそう…そのくらいのダークな雰囲気。

ストーリーが進むにつれて、グロさも顔を出し始めるんですが、このグロさがなかなかなもんで

another返り血を浴びる生徒
返り血を浴びる生徒

※クラス全員がトラウマを植え付けられた瞬間。

「アニメのグロさなんてたいしたことないだろ」って高をくくってると結構やられます。

後半のやりすぎ感

大体その瞬間が訪れる前に、”それっぽい雰囲気”が漂い、「コイツヤバいな」って描写があると…容赦なくいっちゃいます。

choiのアイコン画像choi

俗に言う”Anotherなら死んでた”の由来はここからきてます。

「Anotherなら死んでた」とは

他のアニメなら何気ない日常的なシーンでも、Anotherだと死に繋がりかねないことを例えた言葉。

原作者である綾辻先生も使っておられます笑

このホラー特有の緊張と緩和が、わかってはいるけど面白い。…前半は。

後半がねー、ちょっと畳みかけすぎ。

choiのアイコン画像choi

ラスト2話は、それこそ”Anotherなら死んでた”を凝縮したような展開。あんなところで死ぬのはなぜなのか。

少なくとも僕は、後半の描写がギャグっぽく感じました笑

徐々に解き明かされるミステリー要素

アナザーのミステリー要素は大まかに分けると2つ。

  • ヒロインは何者?
  • 死者は誰?

ヒロインは何者?

序盤のミステリー要素がこのヒロイン三崎鳴の存在。

見崎鳴
Anotherのヒロイン見崎鳴

この子の違和感がすごいんですよね。

学校内での立ち居振る舞いだったり、周りの反応だったり。キャラデザインも特徴的ですし。

そもそも生きてるのか、死んでるのか、そのレベルで謎に包まれています。

死者は誰?

そして中盤からラストにかけて、アナザーで描かれるメインのミステリー要素が「死者」の存在。

本来いないはずの「死者」がクラスに紛れ込んでいて、学校で起きている死の連鎖の原因がここに繋がってきます。

この死の連鎖を止めるべく、「死者」を特定するために主人公たちが動くんですが…全員怪しいんですよね。

もうね、クラスメイトのアイツが怪しいとかじゃなくて、登場人物全員が怪しい。

最終話でようやく「死者」の存在が明らかになるんですが…さすが綾辻先生。

「死者」を最後までわからないようにする隠し方がめちゃくちゃ優秀です。

ここは実際に見て欲しいですね。

感情の変化が少ない

アナザーはノンストップで見るくらい面白かったんですけど、個人的に引っかかったのが登場キャラクターたちの感情表現。

というのも、ありえないような惨劇が巻き起こっているにもかかわらず、割と淡々とストーリーが進んでいくんですよね。

クラスメイトとか身近な人が死んでたら、もっと絶望しそうなもんですが…

「死者」の手掛かりを探して学校の別館へ行くシーンとかは、ちょっとした好奇心みたいなものも感じ取れました。

現実だったらまあまあなサイコパス。

12話に収めるために無駄な描写を省いたのか、ホラー感を強めるための演出なのか、意図的なことなのかもしれませんが少し違和感がありました。

アニメ「Another」の評判

赤沢泉美

ツイッターの評判を一部抜粋。

choiのアイコン画像choi

グロ耐性は必須。途中で挫折したという声多し…ストーリーが面白いだけに万人に勧められないのがもどかしい。

まとめ:アニメ「Another」ってどんなアニメ?

anotherの恒一と鳴

ミステリーとホラーの要素が12話の中に凝縮されていて、すごく見ごたえのある作品でした。

世界観がしっかりしてるので序盤から引き込まれますし、中盤以降の盛り上がりもすごい。

ラストのやりすぎ感は否めないけど。

長編アニメだと「続きが気になるのに明日までお預け」ってのがキツイですが、アナザーは全12話なので一気見したい人にもおすすめ。

choiのアイコン画像choi

この手のジャンルにまだ手を出してない方は是非!

以上!

\31日間の無料体験実施中/

無料期間中の解約でお金は一切かかりません

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる